» 未分類のブログ記事

まず比較的身近に良く見かけるものとしては、天然ガスがあります。ただ見かけるといっても、一般的に自家用車として普及しているとは言いがたいのですが、路線バスや一部の運送用トラックなどに採用されていて、その多くは大きく天然ガス車である事を表示しているので、目に付く存在となっています。天然ガスはほぼメタンガスなので、炭化水素の一種であり、その燃焼による環境面への影響は基本的にガソリンと変わりません。しかし硫黄分を含まず、不完全燃焼もしにくく一酸化炭素などの有害ガスも少なく、煤も出にくいので環境面で有利な点も多くあります。例えばディーゼルエンジンに取って代わって大型バスや大型トラックなどで利用できる大型のエンジンが作れるエンジンですが、煤がほとんど出ません。ディーゼルエンジンでは大きな問題となる黒煙がほとんど発生しません。またガソリンなどと比べると炭素の量が少なく、水素が多いので、同量の熱量を得るのに生じるCO2の量が少ないのもメリットです。すでに実用化されていてある程度普及しているのも見逃せません。今後非常に注目度の高い燃料です。それからエタノール混合燃料があります。すでに一部ガソリンにはバイオエタノールが少量混合されています。少量なので通常のガソリンと全く同じに使えます。今後段階的に混合を増やし、徐々に普及していく事になります。一部の古い車などでは将来的にはトラブルが出る可能性もありますので対策が必要になる可能性があります。当面の間次世代燃料の中心になります。

201217322548

代替燃料としての水素燃料電池の自動車が注目されています。

注目されている理由は、排気ガスが水蒸気だけという、環境に非常にやさしいことです。PM2.5等、排気ガスに含まれる微粒子や、二酸化炭素
の排出が注目される中、水しか排出しないというのは非常に魅力的です。

水素電池を使用した自動車は、ハイブリッドカーの次に流行するといわれています。国は補助金を用意し、ハイブリッドーカーが
爆発的に流行したのと同様に、広く使われるようになるでしょう。

ただし、障害もまだ多くあります。それは、水素の供給方法です。

水素を燃料として使う場合、液体水素を運搬できるようにならなくてななりません。ただし、液体水素は-200度以上を保つ必要があり、
専用の運搬自動車の製造や、水素ステーションの建築に莫大な費用がかかるでしょう。そのため、インフラ全体を見直す必要があり
まだまだ普及に時間がかかるかもしれません。

それでも、最近液体水素を運搬する専用タンカーが実用化されたという話題がニュースになるように、着々と準備は進められています。
水素を燃料とした自動車は、燃費も良く、また今後さらにガソリンの値段が上がることを考えると、非常に魅力的な自動車になることでしょう。

車にバイオ燃料が使われることは、今後もっと身近になるでしょう。

まず、注目されるのはカーボンオフセットの考え方です。普段化石燃料を消費すると、二酸化炭素が多く排出されることが
問題となりますが、農作物を原料とするバイオ系は、農作物が育つ家庭で植物が行う光合成の過程で二酸化炭素を空気中から
吸収しているので、結果的に燃料を燃やす際に出る二酸化炭素は問題ない、という理論に基づきます。

今後、地球温暖化が深刻化すると国際レベルで二酸化炭素排出を抑制する必要が生じます。そのため日本国内では、炭素税が
課税されることが想定されます。そうなると、一般的なガソリンには炭素税が課税される一方、バイオ系は非課税となり、
もっと値段が下がることが予想されます。

今では、沖縄等ごく一部の限られたエリアで、農作物が豊富でガソリン輸送が困難なエリアで試験的に使用されている
範囲に留まっています。バイオ系であれば高騰するガソリンを輸入する必要もなくなるので、技術の進歩や補助金の充実などに
よって車に活かされるようになるでしょう、また、車に活かすために、消費者はこのニーズをしっかり理解すること、
また、農作物の増産が昨今話題になっていることを受けて、声をあげてサービス拡充を訴えていくべきでしょう。

201217322548

経済面での問題点

| 未分類 |

現在、世界では流通や移動の面から見て、また商品そのものとしても、自動車は社会と切り離せない存在になっていますが、自動車は経済面において問題を抱えている存在でもあります。
自動車は国内流通において、比較的少量の荷物をある程度会社側の望むタイミングで目的地へ輸送することが出来ます。
しかしながら、少し前を考えてみれば、陸運における流通の根底は鉄道のような大量の輸送を決められたタイミングで行う存在が担っていました。
国土交通省から発表される一般貨物の輸送量は、平成24年と比較すると平成25年までの間で横ばいの状態ですが、それでも1990年以降は輸送全体の50%以上をトラックによる輸送がその割合を占めています。
商業の面ではなく消費者の立場、すなわち移動の面から見てみても、現在の移動需要における鉄道依存率は28.7%です。
首都圏であっても58%となっており、鉄道に対する需要は減少しているといえます。
すなわち、かつて陸運の主役であった鉄道は、自動車の普及によってそのシェアを奪われたということになるのです。
自動車は他の移動手段からその需要を奪い、バランスを変化させました。
また、自動車がもつ環境破壊の側面も無視することは出来ません。
環境を破壊すれば、その環境を元通りに戻すには時間的にも、金銭的にも膨大なコストがかかります。
このように、自動車非常に便利な存在であるが故、抱えている問題も少なくありません。
現在、消費者には自動車に関する問題点を把握することが求められています。

環境面で劣っていること

| 未分類 |

トータルで空気中のCO2を増やさないとされ自然エネルギーの一種とされているのですが、いい事ばかりとは限りません。まず燃料はすべてそうですが、燃料の製造、運搬、貯蔵などあらゆることにエネルギーが必要になります。こういう付随的なことにエネルギーが多く必要なら、本来のCO2を増やさないと言うメリットは小さくなってしまいます。作り方や種類にも拠りますがやはり手間とエネルギーがそれなりに必要です。特にバイオエタノールは材料は何でも使えますが、発酵精製にかなりエネルギーが必要です。果たして本当に割りあう作り方が出来ているのか慎重さが必要です。また換金作物である燃料用の作物を作る事に農家が力を入れると食料の減産になります。特に地産地消されるような、あるいは自家消費されるような小規模な生産にダメージを与えます。これはトータルで環境面にマイナスです。また大規模な生産は食糧生産を圧迫し、食料不足や食料の高騰に繋がります。既にとうもろこしの価格は燃料向けの消費よってあがっています。更に食料生産だけでは必要なかったほどの農地を必要とすることになり、ブラジルのジャングルなど多くの自然のままの土地が切り開かれ、失われる事になってきています。自然林の消失は極めて大きな問題点であります。大規模な生産と消費に入る前に考え直さなければならない最大の課題と言えるでしょう。

バイオ燃料のデメリット

| 未分類 |

バイオ燃料には膨大な資源量があり、それらは再生可能であり、温室効果ガスの排出削減ができるなどのメリットがたくさんありますが、それと同時にデメリットもあります。
デメリットの一つに挙げられるのが食料と燃料の競合です。食用作物が主たる原料となるので、原料作物を燃料製造に使うのか、食用に使うのかという競合が生じてしまい、原料作物の価格は上昇するのです。近年大豆やトウモロコシなどの穀物価格が上昇しているのはこれが関係しているのです。穀物価格が上昇してしまうと燃料の製造コストも引き上げられますし、食料品の価格上昇も招くことになるので経済にとっては悪影響を及ぼすということになります。この問題を解決するためには、今まで燃料として利用されてなかったセルロース系の原料を利用する技術の実用化が必要とされています。
その他のデメリットもあります。
それは資源の単位面積当たりの密度が小さいので燃料としてしようするためには、広大な面積が必要になるということです。つまり燃料として使用するためには、大量に原料を供給できる土地が必要になるのです。また利用しやすい燃料の形態にするのに手間もかかります。再生可能管理技術に関してもまだまだ確立されていないという問題もあります。
このようにまだまだ解決しなければいけない問題点がたくさんあるのが現状です。

201217322548

経済面での良い点

| 未分類 |

経済面で良いことは、農業の振興になることが揚げられます。燃料に使われる農産物を作るので、豊作による価格の下落などもなく、安定した現金収入が見込めるので農家には良い作物です。作物を選べば、今まで農地として利用できていなかった荒れた土地や灌漑の出来ていない土地なのでも生産できる作物もあり、簡単に栽培できる作物としても注目されています。また地域に偏在している石油などの鉱物資源と違って、世界中どこでも自国の消費する燃料を自国で作ることが出来るので、特に発展途上国などエネルギーの自給も輸入も難しい国には自国生産できる燃料として大きな意味があります。また現在は普通の農産物から作れていることが多いのですが、より生産の効率の高い藻などの栽培をして燃料にする方法もあり、この場合は大掛かりな工場のようなシステムになりますが、広い土地さえあれば、低コストで大量に生産できるので、太陽光発電などとともに次世代の燃料を各国が自国生産できるようになる可能性も十分あります。日本などのような国で燃料の自給が出来るようになるのは画期的な事で、大変大ききな意味を持つと思われます。またこのために創出される雇用も十分期待できます。

 

環境面で優れていること

| 未分類 |

バイオディーゼルやバイオエタノールでは燃料はすべて化石燃料ではなく、植物が空気中のCO2を水から取り出した炭化水素が燃料になっているので、これを使っても空気中のCO2は増えないのです。これが環境面で優れているとされている理由です。そういう意味では太陽光発電や地熱発電、風力発電などと全く同じ自然エネルギーの一種です。一見普通の内燃機関で、ガソリンエンジンと同じようなエンジンであるので、その意味がわかりにくいのですが、今太陽から降り注いでいる太陽光のエネルギーを利用しているのであり、排出されるCO2は空気中から作り出されたものであるということが重要です。さらに燃料の生産に大掛かりな設備やエネルギーの必要がないことも重要です。原子力などは確かに温室効果による温暖化には直接関わりませんが、原子力発電所の建設や維持原子力燃料の精製や、廃棄処理などに莫大なエネルギーが必要であり、その為に使われるエネルギーが膨大すぎます。多くの自然エネルギーも発電所等の設備の建設維持にかかるエネルギーが大きい傾向があります。しかしそういうエネルギーがそういらないし、すでに完成度の高い機械である内燃機関を使うことができるのも非常に有利です。

201217322548

バイオ燃料のメリット

| 未分類 |

バイオ燃料のメリットはCO2の排出量を削減できる事です。これが一番重要です。もちろん燃料である事に変わりはないので燃やせばCO2は出ますが、そのCO2は植物が空気中のCO2から燃料を合成したときに消費した物なので化石燃料のように使えばその分だけ確実に空気中のCO2濃度が高まる物ではないのです。これによって温室効果を進ませないことが期待されます。そしてそれだけでなく農業振興の意味もあります。多くは農作物として栽培されるので、農家にとっては重要な換金作物となり、農家の経済的自立を支えます。また作物として栽培しやすいものを使えるので、一般的な作物の作りにくい土地での栽培が出来るとことが多いのも農家にとってはメリットです。それからエネルギーの地産地消ができます。化石燃料などの鉱物は産地が偏っていますが、栽培によって作れるので、エネルギーが必要なところで作れます。これは特に燃料を輸入しなければならない発展途上国にとっては非常に大きなメリットになります。またガソリンにバイオエタノールを混ぜた場合、オクタン価が高くなり、酸素を多く含むため一酸化炭素の排出が減り、窒素酸化物等も減らすことが出来る事がわかっています。