まず比較的身近に良く見かけるものとしては、天然ガスがあります。ただ見かけるといっても、一般的に自家用車として普及しているとは言いがたいのですが、路線バスや一部の運送用トラックなどに採用されていて、その多くは大きく天然ガス車である事を表示しているので、目に付く存在となっています。天然ガスはほぼメタンガスなので、炭化水素の一種であり、その燃焼による環境面への影響は基本的にガソリンと変わりません。しかし硫黄分を含まず、不完全燃焼もしにくく一酸化炭素などの有害ガスも少なく、煤も出にくいので環境面で有利な点も多くあります。例えばディーゼルエンジンに取って代わって大型バスや大型トラックなどで利用できる大型のエンジンが作れるエンジンですが、煤がほとんど出ません。ディーゼルエンジンでは大きな問題となる黒煙がほとんど発生しません。またガソリンなどと比べると炭素の量が少なく、水素が多いので、同量の熱量を得るのに生じるCO2の量が少ないのもメリットです。すでに実用化されていてある程度普及しているのも見逃せません。今後非常に注目度の高い燃料です。それからエタノール混合燃料があります。すでに一部ガソリンにはバイオエタノールが少量混合されています。少量なので通常のガソリンと全く同じに使えます。今後段階的に混合を増やし、徐々に普及していく事になります。一部の古い車などでは将来的にはトラブルが出る可能性もありますので対策が必要になる可能性があります。当面の間次世代燃料の中心になります。

201217322548