環境面で優れていること

| 未分類 |

バイオディーゼルやバイオエタノールでは燃料はすべて化石燃料ではなく、植物が空気中のCO2を水から取り出した炭化水素が燃料になっているので、これを使っても空気中のCO2は増えないのです。これが環境面で優れているとされている理由です。そういう意味では太陽光発電や地熱発電、風力発電などと全く同じ自然エネルギーの一種です。一見普通の内燃機関で、ガソリンエンジンと同じようなエンジンであるので、その意味がわかりにくいのですが、今太陽から降り注いでいる太陽光のエネルギーを利用しているのであり、排出されるCO2は空気中から作り出されたものであるということが重要です。さらに燃料の生産に大掛かりな設備やエネルギーの必要がないことも重要です。原子力などは確かに温室効果による温暖化には直接関わりませんが、原子力発電所の建設や維持原子力燃料の精製や、廃棄処理などに莫大なエネルギーが必要であり、その為に使われるエネルギーが膨大すぎます。多くの自然エネルギーも発電所等の設備の建設維持にかかるエネルギーが大きい傾向があります。しかしそういうエネルギーがそういらないし、すでに完成度の高い機械である内燃機関を使うことができるのも非常に有利です。

201217322548