経済面での良い点

| 未分類 |

経済面で良いことは、農業の振興になることが揚げられます。燃料に使われる農産物を作るので、豊作による価格の下落などもなく、安定した現金収入が見込めるので農家には良い作物です。作物を選べば、今まで農地として利用できていなかった荒れた土地や灌漑の出来ていない土地なのでも生産できる作物もあり、簡単に栽培できる作物としても注目されています。また地域に偏在している石油などの鉱物資源と違って、世界中どこでも自国の消費する燃料を自国で作ることが出来るので、特に発展途上国などエネルギーの自給も輸入も難しい国には自国生産できる燃料として大きな意味があります。また現在は普通の農産物から作れていることが多いのですが、より生産の効率の高い藻などの栽培をして燃料にする方法もあり、この場合は大掛かりな工場のようなシステムになりますが、広い土地さえあれば、低コストで大量に生産できるので、太陽光発電などとともに次世代の燃料を各国が自国生産できるようになる可能性も十分あります。日本などのような国で燃料の自給が出来るようになるのは画期的な事で、大変大ききな意味を持つと思われます。またこのために創出される雇用も十分期待できます。