環境面で劣っていること

| 未分類 |

トータルで空気中のCO2を増やさないとされ自然エネルギーの一種とされているのですが、いい事ばかりとは限りません。まず燃料はすべてそうですが、燃料の製造、運搬、貯蔵などあらゆることにエネルギーが必要になります。こういう付随的なことにエネルギーが多く必要なら、本来のCO2を増やさないと言うメリットは小さくなってしまいます。作り方や種類にも拠りますがやはり手間とエネルギーがそれなりに必要です。特にバイオエタノールは材料は何でも使えますが、発酵精製にかなりエネルギーが必要です。果たして本当に割りあう作り方が出来ているのか慎重さが必要です。また換金作物である燃料用の作物を作る事に農家が力を入れると食料の減産になります。特に地産地消されるような、あるいは自家消費されるような小規模な生産にダメージを与えます。これはトータルで環境面にマイナスです。また大規模な生産は食糧生産を圧迫し、食料不足や食料の高騰に繋がります。既にとうもろこしの価格は燃料向けの消費よってあがっています。更に食料生産だけでは必要なかったほどの農地を必要とすることになり、ブラジルのジャングルなど多くの自然のままの土地が切り開かれ、失われる事になってきています。自然林の消失は極めて大きな問題点であります。大規模な生産と消費に入る前に考え直さなければならない最大の課題と言えるでしょう。