代替燃料としての水素燃料電池の自動車が注目されています。

注目されている理由は、排気ガスが水蒸気だけという、環境に非常にやさしいことです。PM2.5等、排気ガスに含まれる微粒子や、二酸化炭素
の排出が注目される中、水しか排出しないというのは非常に魅力的です。

水素電池を使用した自動車は、ハイブリッドカーの次に流行するといわれています。国は補助金を用意し、ハイブリッドーカーが
爆発的に流行したのと同様に、広く使われるようになるでしょう。

ただし、障害もまだ多くあります。それは、水素の供給方法です。

水素を燃料として使う場合、液体水素を運搬できるようにならなくてななりません。ただし、液体水素は-200度以上を保つ必要があり、
専用の運搬自動車の製造や、水素ステーションの建築に莫大な費用がかかるでしょう。そのため、インフラ全体を見直す必要があり
まだまだ普及に時間がかかるかもしれません。

それでも、最近液体水素を運搬する専用タンカーが実用化されたという話題がニュースになるように、着々と準備は進められています。
水素を燃料とした自動車は、燃費も良く、また今後さらにガソリンの値段が上がることを考えると、非常に魅力的な自動車になることでしょう。