バイオ燃料のデメリット

| 未分類 |

バイオ燃料には膨大な資源量があり、それらは再生可能であり、温室効果ガスの排出削減ができるなどのメリットがたくさんありますが、それと同時にデメリットもあります。
デメリットの一つに挙げられるのが食料と燃料の競合です。食用作物が主たる原料となるので、原料作物を燃料製造に使うのか、食用に使うのかという競合が生じてしまい、原料作物の価格は上昇するのです。近年大豆やトウモロコシなどの穀物価格が上昇しているのはこれが関係しているのです。穀物価格が上昇してしまうと燃料の製造コストも引き上げられますし、食料品の価格上昇も招くことになるので経済にとっては悪影響を及ぼすということになります。この問題を解決するためには、今まで燃料として利用されてなかったセルロース系の原料を利用する技術の実用化が必要とされています。
その他のデメリットもあります。
それは資源の単位面積当たりの密度が小さいので燃料としてしようするためには、広大な面積が必要になるということです。つまり燃料として使用するためには、大量に原料を供給できる土地が必要になるのです。また利用しやすい燃料の形態にするのに手間もかかります。再生可能管理技術に関してもまだまだ確立されていないという問題もあります。
このようにまだまだ解決しなければいけない問題点がたくさんあるのが現状です。

201217322548