バイオ燃料のメリット

| 未分類 |

バイオ燃料のメリットはCO2の排出量を削減できる事です。これが一番重要です。もちろん燃料である事に変わりはないので燃やせばCO2は出ますが、そのCO2は植物が空気中のCO2から燃料を合成したときに消費した物なので化石燃料のように使えばその分だけ確実に空気中のCO2濃度が高まる物ではないのです。これによって温室効果を進ませないことが期待されます。そしてそれだけでなく農業振興の意味もあります。多くは農作物として栽培されるので、農家にとっては重要な換金作物となり、農家の経済的自立を支えます。また作物として栽培しやすいものを使えるので、一般的な作物の作りにくい土地での栽培が出来るとことが多いのも農家にとってはメリットです。それからエネルギーの地産地消ができます。化石燃料などの鉱物は産地が偏っていますが、栽培によって作れるので、エネルギーが必要なところで作れます。これは特に燃料を輸入しなければならない発展途上国にとっては非常に大きなメリットになります。またガソリンにバイオエタノールを混ぜた場合、オクタン価が高くなり、酸素を多く含むため一酸化炭素の排出が減り、窒素酸化物等も減らすことが出来る事がわかっています。